IoT NEWS プレゼンツ IoTカンファレンス 2018 スマートファクトリーの今と未来を、論理から実践まで

場所:
日時:
2018年6月15日(金)
10:00-18:00
( 予定
参加費:
10,000円(税別)
※お飲み物とお弁当をご用意させていただいております。

デジタライゼーションという言葉を知っているだろうか。グローバルでは、「すべての企業を変革させ、創造的破壊を生み出す」とされ、注目を集めているこのキーワード。

単に自社のビジネスにデジタルを取り入れて効率化や自動化を進めるだけでなく、デジタルを経営の中心に据えることで、産業構造の変化が起き、製品のライフサイクル全体に影響を与える効果がある。

世界は、こういった全体を最適化する動きと、自動化や効率化を進めるといった部分最適をするという動きが同時に進行しているのだ。

デジタライゼーションによって、社会全体が再定義されようとしている今、我々は時代の転換期にいると言っても過言ではない。

そんな中、今年の “IoTNEWS主催 IoTConference2018” では、「そもそもデジタライゼーションとは何か?」「デジタライゼーションが果たされた未来に何が起こるのか?」「その時どの様なことを考えていかないといけないのか?」について、様々な視点で議論をすすめる。

申込みはこちらから(Peatixのページへ)

※請求書発行及びお振込みご希望の方は、こちらよりお申込みください。

登壇者

小泉 耕二 氏

開会のご挨拶

IoTNEWS代表
株式会社アールジーン
代表取締役
小泉 耕二
八子 知礼 氏

「Everything Goes Digital!〜デジタルとアナログを繋いで新たな世界を想像する〜」

株式会社ウフル
専務執行役員
IoTイノベーションセンター所長
兼 エクゼクティブコンサルタント
八子 知礼

バリューチェーン全体・ビジネスモデル全体をデジタル上で実現し、アナログ世界との境目を意識しないビジネスの姿が登場している。デジタル化するとはどういうことか、単純な手法や部分的なデジタルでない全体をデジタル化するとはどのようなインパクトか、そしてバリューチェーンが長い製造業の場合、それはどのような実現モデルを意味することになるのか、ビジョンを提示しその要件などを概説する。

島田 太郎 氏

デジタル化が描く未来

シーメンス株式会社
デジタルファクトリー事業本部長
プロセス&ドライブ事業本部長
島田 太郎

デジタル化の時代では、過去成功モデルとされる垂直統合や、系列のような密に統合されたサプライチェーンの役割は後退し、オープンでお互いがパートナーなエコシステムが出現してくる。 この変化は既に着実に起こっており、これらのエコシステムを支えるプラットフォーマーの役割はますます巨大化する。問題はその為に今何をなすべきであるかであり、シーメンスがその為にどのような提案をしているかを解説する。

砂金 信一郎 氏

生活に浸透するチャットボットやスマートスピーカーが変える未来

LINE株式会社
Developer Relations Team マネージャー
プラットフォームエバンジェリスト
砂金 信一郎

Googleが披露したAIによる電話予約デモが話題を呼びましたが、2018年を生きる私たちの生活や業務には、チャットボットなどのAIが徐々に浸透し始めています。本セッションでは、日本の言語や文化の特殊性を考慮しながら対話AIの到達点を整理した上で、日本企業がとるべき戦略について語ります。

中尾 敏康 氏

AIが加速するデジタルトランスフォーメーション

日本電気株式会社
IMC本部 本部長
中尾 敏康

デジタルトランスフォーメーションという大きな転換期において、AIをいかに活用するかが大きなテーマとなっています。 NECでは、半世紀以上のAI技術の研究成果を「NEC the WISE」というブランドで体系化し、技術やノウハウをお客様との共創を通じて活用することで様々な実績をあげています。本講演では、共創事例をご紹介するとともに、多くのお客様が直面するAI導入時の課題やその解決策を解説します。

片山 浩晶 氏
株式会社ストラタシス・ジャパン
代表取締役社長
片山 浩晶
成迫 剛志 氏

デジタルトランスフォーメーションを担う組織づくり

株式会社デンソー
MaaS開発部長 兼デジタルイノベーション室長
成迫 剛志

100年に一度とも言われる大変革時代を迎えている自動車業界。特にコネクティッドとシェアリングへ対応するにはデジタライゼーションが不可欠です。デジタライゼーションによってヒトの移動とモノの移動がどう変わるのかを妄想するとともに、妄想を実現させるための組織づくりについてご紹介します。

スポンサーセッション(同ホールで講演)

志村 健二 氏

ものづくりデジタライゼーション ~シナリオで語る 迷子にならないIoT~

東洋ビジネスエンジニアリング株式会社
ソリューション事業本部 デジタルサービス本部 本部長
志村 健二
東洋ビジネスエンジニアリング株式会社

IoTに関する製品やソリューションなど、多種多様なサービスが提供されていますが、IoT製品に頼るだけでは、本来の目的を見失うことがあります。IoTは単なる手段でしかありません。
シナリオに立脚したIoTを推進するため、B-EN-Gの考える 「ものづくりデジタライゼーション」 をご紹介します。

米田 隆幸 氏

プラットフォーム元年!エッジとクラウドをつなぐプラットフォーム構築の勘所

株式会社ウフル
IoTイノベーションセンター シニアマネージャー
米田 隆幸
株式会社ウフル

2018年は産業別プラットフォームが続々と立ち上がるプラットフォーム元年となる。 プラットフォームには、クラウドとエッジをつなぐシステムプラットフォームと合わせて、 ビジネスエコシステムの構築が重要で、その勘所を数々の支援実績をもとに解説する。

髙橋 俊輔 氏

AIアシスタントにおける課題と解決策

アリオン株式会社
経営戦略室 兼 新規ビジネス推進室 室長
髙橋 俊輔
アリオン株式会社

IoTの普及に伴い、市場にはスマートスピーカー対応の家電製品(テレビや照明機器など)が様々な企業から販売され始めています。AIアシスタントを中心としたプラットフォームに多くの企業から期待が集まる一方、実用面では製品制御や動作遅延、製品互換性といった問題が表面化しつつあります。こうした問題に対し、検証観点からAIアシスタントにおける課題と解決策について紹介します。

申込みはこちらから(Peatixのページへ)

※請求書発行及びお振込みご希望の方は、こちらよりお申込みください。

About

デジタライゼーションの未来

デジタライゼーションによる、都市生活の再定義、製造の再定義、移動の再定義が起きたあと我々の生活やビジネスがどうなるのか、そこに向かう道筋に対してどういう対応が必要になるのか。そして、最新AI技術をつかった音声認識や画像認識でできることと、その未来。さらには、3Dプリンターによる新しい製造といった、向こう2−3年間で必要不可欠な内容を各分野のスペシャリストにご講演いただく。


Time Table

10:00 ~ 10:30

開会のご挨拶

株式会社アールジーン / IoTNEWS代表
小泉 耕二
10:30 ~ 11:20 株式会社ウフル 専務執行役員
IoTイノベーションセンター所長兼エグゼクティブコンサルタント

八子 知礼 氏
11:20 ~ 12:10 シーメンス株式会社 デジタルファクトリー事業本部長
プロセス&ドライブ事業本部長

島田 太郎 氏
12:15~12:35 スポンサーセッション 東洋ビジネスエンジニアリング株式会社
ソリューション事業本部 デジタルサービス本部 本部長

志村 健二 氏
12:35~12:55 スポンサーセッション 株式会社ウフル
IoTイノベーションセンター シニアマネージャー

米田 隆幸 氏
13:10 ~ 14:00 LINE株式会社 Developer Relations Team マネージャー
プラットフォームエバンジェリスト

砂金 信一郎 氏
14:00 ~ 14:50 日本電気株式会社 IMC本部 本部長
中尾 敏康 氏
14:50~15:10 スポンサーセッション アリオン株式会社
経営戦略室 兼 新規ビジネス推進室 室長

髙橋 俊輔 氏
15:10 ~ 16:00 株式会社ストラタシス・ジャパン 代表取締役社長
片山 浩晶 氏
16:00 ~ 16:50 株式会社デンソー MaaS開発部長 兼デジタルイノベーション室長
成迫 剛志 氏
17:00 ~ 17:50

パネルディスカッション

IoTNEWS代表 小泉がモデレータを務め、当日登壇頂く講師と「デジタライゼーションの未来」を軸にしたテーマについてについてディスカッション。

開催概要

開催日時:2018年6月15日(金)10:00-18:00( 受付開始 9:30 )
開催場所:大崎ブライトコアホール
〒141-0001東京都品川区北品川5-5-15 大崎ブライトコア3F
お申込み:事前登録制
参加費:10,000円(税別) ※お飲み物とお弁当をご用意させていただいております。
定員:150名
主催:IoTNEWS(株式会社アールジーン)

申込みはこちらから(Peatixのページへ)

※請求書発行及びお振込みご希望の方は、こちらよりお申込みください。

Contact

当日展示ブースもご用意することが可能ですので、展示ブースご希望の企業さまはIoTNEWSのといあわせフォームよりご連絡ください。